FC2ブログ

美脚に平伏したい日々(美脚服従Blog)

脚フェチMサイト「美脚服従」の管理人だいゆうが綴る脚フェチマゾな世界。 普通の女の子のおみ足でいたぶられる快感を貴方に・・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

かなりSなOL様。

今日、かなりS志向のOL様と撮影した。普段、会社で着ている制服と履き古した黒のミュールに肌色のパンストと言ういかにもOL的なスタイルだ。久々に素人女性ながら、きつい言葉責めと激しい責めだった。特に、自慰しながらの足のニオイ責めは、あやうく開始早々で果てるかと思ったぐらいの羞恥だった。

38.jpg


スポンサーサイト
[PR]

テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

  1. 2004/11/27(土) 02:05:20|
  2. 脚フェチM撮影
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スコラでのサイト紹介?。

2004年11月9日発売の「スコラ12月号No479」に当サイトが掲載された。「いまどき素人GALの大胆すぎる日常 フェチっ娘急増中!こだわり写真100連発!」の「脚責めフェチ」での紹介だ。色々なフェチサイトを紹介して、今時の女の子でフェチっ娘なるものが増えているって訳だ。ちょっと違うような気がするが、いずれにせよ、「脚責めフェチ」でこのサイトが紹介されたことは非常に嬉しいことだ。フェチにも色々とあって、他の紹介では「美脚フェチ」・「爆乳フェチ」・「さらさら髪フェチ」など、枚挙に暇が無い。その中で、多分、一般の読者にとっては、「脚責めフェチ」なんて、恐らくビックリするものであろうが、フェチは人間の内在的なものなので、ある日、この雑誌での当サイトの紹介を見た人が、自分の内に潜んでいた「脚責めフェチ」に気付くのかもしれない。フェチは未だにある種の「恥」である為、自らの殻の中に閉じ込めている場合が多い訳で。自分の場合も僅かではあるが、学生時代(高校・大学)には、内在していることに何となく気付いていたものの、それを表に出すことは決して無かったものだ。それしても、この特集、ウザイ男優が出ているのが、このサイトだけなのがちょっと気になったのだ。来客の皆様は理解できると思うが。少し、違和感を感じた今回の紹介であった。
このページに紹介の写真があるので、ご参照願いたい。
http://bikyaku.pink21.net/topphoto_backnomber.htm

テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

  1. 2004/11/15(月) 02:05:51|
  2. サイト管理人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Access Counter

Profile

だいゆう

Author:だいゆう
脚フェチMサイト「美脚服従」の管理人。関東在住の40歳。そこらへんを歩いている普通の女の子に踏まれてイジメられた人数は150人以上。どのような足にも興奮する幅広い脚フェチM。「自分がMプレイ・撮影した完全オリジナルの脚フェチMプレイを公開する」ことに拘り、このブログでの画像もほとんどがオリジナル。
↓相互リンク・ご感想・Sモデル応募等↓
Mail:we8m-frkw@asahi-net.or.jp

Update Rate

All Entries Indication

全タイトルを表示

Monthly Archives

Calendar

10 ≪│2004/11│≫ 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Page Transfer

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Categories

Links

このブログをリンクに追加する

Monthly Access Ranking

アクセスランキング

Fetish Vote !

無料アクセス解析

My Favorite!

へりぽビデオ

FC2 blog Ranking

FC2ブログランキング

Recommendation2!

M男パラダイス

Pick Up M Fetish DVD !

User Tag

Fetish Downroad !

クローズマーケット

RSS Feed

QR Code

QRコード

Recommendation7!

フリーダム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。